プロフィール

有馬眞胤有馬眞胤(アリマ マサタネ) 役者

2008年(平成20年)より芸名、有馬光貴を本名眞胤に戻す。
劇団四季出身。現在はフリー。
主な出演作品:「仮名手本忠臣蔵」「近松心中物語」「王女メディア」「リア王」「ニナガワマクベス」などの蜷川幸雄演出の作品、劇団四季では 「異国の丘」「オンディーヌ」など、幹の会(平幹二郎主宰)「冬物語」など多数の舞台や映像などに出演。
2005年(平成17年)より自ら主宰し、「発露」と題してエイコの津軽三味線と共に独り芝居を始める。
2010年3月より浅草リトルシアターに進出、「有馬銅鑼魔アリマドラマ」と題してライブ活動を始める。
杉本苑子作「夜叉神堂の男」、太宰治作「駆け込み訴へ」「走れメロス」「貧の意地」、芥川龍之介作「疑惑」、菊池寛作「藤十郎の恋」、江戸川乱歩作「お勢登場」など。

eikoエイコ 津軽三味線奏者

10歳より長唄の三味線を始めるが、津軽三味線の魅力に惹かれ2000年より太棹三味線に挑戦する。2005年より有馬眞胤と共にライブ活動に参加。
2010年3月より浅草リトルシアターでの「有馬銅鑼魔」に参加し有馬眞胤の独り芝居の下座を務める。
シャンソン歌手との共演、フラメンコとのジョイント、尺八との共演など異ジャンルとのコラボレーションを積極的に行う。津軽三味線にのせて日本歌曲を歌う事にも挑戦している。
2011年3月には文学座アトリエ公演「草鞋をはいた」(鵜澤秀行演出、坂部文昭主演)の下座として出演する。